マーケティングで有名なルートサンプリングについて解説

商品を開発しても「なかなか口コミが広がらない」「良い商品だからもっとたくさんの人に使ってほしい」と考えたことはありませんか?

商品を多くの方に知ってもらうには、無料で商品のサンプルを提供し、顧客を獲得する方法や口コミを拡散する方法があります。

そこで本記事では、マーケティングで使われるルートサンプリングの特徴を大まかに紹介します。

商品を開発して、世の中に売り出す方法を考えている方は参考にしてみてください。

ルートサンプリングとは

ルートサンプリングは、店舗や施設などのルート(決まった場所)を利用したサンプリング方法です。

店舗や施設などの場合、利用者層から性別や年齢、趣味などがある程度分かります。

どのような商品が効果あるかを予測しながら実施することで、通常のサンプリングよりも効果が期待できます。

街角などで大勢の人に配布することよりも効率的に情報を収集できるので、サンプリングの中で最も使われている手法となっています。

商品を広めるための人件費等がかからない一方で、依頼する店舗や施設が実質的な支配権を握っているため、深くコミュニケーションをとることが必要です。

ルートサンプリングの目的

ルートサンプリングの目的は、商品やサービスを特定の層に効率よくアプローチすることです。

一般的なサンプリングは、街頭や路上で行うことが多く、商品と関連づいた顧客層にサンプリングを渡すことが難しいといわれています。

つまりアプローチしたい層に商品が届かない可能性があるのです。
インパクトのある見た目やパッと目を引くようなデザインのサンプリングは、消費者にとっては見慣れたものであるケースも多く、受け取ってもらえないことも珍しくありません。

一方ルートサンプリングは、顧客のターゲットに適したサンプリング手法なので、成果がグッと上がります。

ルートサンプリングの具体的な方法

ルートサンプリングの具体的な方法は、以下の2つが挙げられます。

  • ・手渡し
  • ・置いたままで取ってもらう

手渡しは、一般的なサンプリングのように街頭や路上で声をかけ、商品を手渡す方法です。

例えば美容関連の商品でルートサンプリングを活用する場合、脱毛や美容室といった美意識の高い女性が集まる施設や店舗等の受付で渡してもらいます。

スタッフに手渡してもらう方法のほかに、施設や店舗の受付にサンプルを置いておき、自由に取ってもらう方法もあります。

どちらの方法も顧客のニーズや需要に沿った場所に置き、消費者の意図や目的に沿ったアイテムであるため、効率よく実行できるでしょう。

ルートサンプリングのメリット

ルートサンプリングのメリットは主に3つです。

  • ・購買意欲を高められる
  • ・広告費や人件費を抑えられる
  • ・エリア・ターゲットを選べる

ルートサンプリングは決められた場所で、ターゲットを絞った客層に届けるため、消費者の満足度を高められ、購買意欲をかきたてることができます。

例えば、スポーツジムに置くサンプリングなら「プロテインや筋トレにまつわるグッズ」を、美容クリニックやスキンケアアイテムを取り扱っている店舗なら「化粧水や美容液のサンプリング」などが効果的です。

サンプリングしたいアイテムを適した場所に、適した相手に手渡せるのが最大のメリットといえるでしょう。

ルートサンプリングのデメリット

ルートサンプリングのデメリットは、主に3つです。

  • ・コストがかかる
  • ・考えられたターゲティングが必要
  • ・スタッフの配置・確保が困難

デメリットは、ルートサンプリングに限らず、サンプリングは莫大なコストがかかる点です。

サンプリング用に商品を製造するのはもちろん、配布するスタッフの人件費がかかってしまいます。
配り切ったら完了ではなく、その後の費用を回収するプランまで立てておくことが大切です。

またルートサンプリングは、特定の層に特定のアイテムを手渡すことではじめて効果を発揮するサンプリング手法。だからこそ、ルートサンプリングの対象となる層を綿密に絞る必要があります。

市場調査やマーケティングの動向を調べるには、時間もコストもかかることを忘れてはいけません。

ルートサンプリングの注意点

ルートサンプリングを行うときの注意点は、そもそも検討している商品がルートサンプリングに適しているのかどうかを判断することです。

企業や商品をPRする方法は、サンプリングだけではありません。
サンプリング以外にも、広告を打ったり、SNSを駆使したりと様々な方法があります。

ルートサンプリングに効果的といわれているのが、化粧品や食べ物といった消耗品です。
実際に使ってみて、食べてみて商品の良さを実感できるため、効果的といわれています。

そもそもサンプリングが向いているのか、その中でもルートサンプリングでよいのかをよく検討しましょう。

ルートサンプリングの事例

  • ハンドクリーム

ターゲット:手が荒れがちな職種に付いている方や美容意識の高い方

場所:病院やネイルサロン

同じハンドクリームでも求めている効果がそれぞれ違います。

数種類の少量のハンドクリームを同封して、より自分に適したものを見つけてもらえるように工夫しています。

  • 参考書

ターゲット:高校生

場所:塾

参考書は種類が多く、一冊1,000円以上するため何冊も購入して比較するのは難しいです。

一冊をサンプルとして配り、その参考書が分かりやすいと感じた学生は同じ出版社の参考書を優先的に買うようになりました。

また複数の学校が集まっている塾で配布した場合、サンプルを渡した方がそれぞれの学校で広めてくれる可能性もあります。

これらの事例からも分かるように、それぞれ適切なターゲットに必要なものをサンプル品を渡すことで口コミが広がり、売上増に繋がります。

サンプリングについて

ルートサンプリングとは別に通常のサンプリングについても確認しておくことをおすすめします。

ルートサンプリングとの違いを把握して、より効果的にサンプリングを行えるようにしましょう。

こちらの記事でサンプリングについて紹介しているので、是非確認してみて下さい。

マーケティングで使われるサンプリングについて知りたい方はこちら

ルートサンプリングで商品の売上を伸ばそう

いかがでしたでしょうか。

本記事を読んでいただくことで、ルートサンプリングについてご理解いただけたと思います。

ルートサンプリングは売上を伸ばすのに有効な手段ですが、それでも初期費用として大きなお金がかかります。

ターゲットを明確にして効率良く商品が売れるようにサンプリングを行いましょう。

PeeKaBooでは幼稚園・保育園向けのサンプリングをご案内させていただいております。
幼稚園・保育園向けサンプリングをお考えでしたらコチラをご覧ください。

  • 最新情報(NEWS)
  • 幼稚園プロモーションコラム