サンプリングに適している商品とは?2つの具体例も紹介

商品のサンプリングは昔から行われているセールスプロモーションで、潜在顧客に対して無料で商品の体験をしてもらうことによってファンを増やしていく手法です。
しかし、企業の広報担当者様などはサンプリングの実施に興味があっても、どんな商品が適しているのかわからないということもあるでしょう。

そんな方のために、本記事ではサンプリングに適した商品と2つの具体例を紹介します。
ぜひサンプリングを検討してみてください。

サンプリングとはなにか?

サンプリングとは、街頭や路上、店舗や百貨店等で商品・サービスを無料で配布し、販売促進するためのPR活動です。

最終的にその商品を購入してもらうために、実際に試供品を試してもらうのが目的です。

商品やブランドを知らなかった人に知ってもらうことで商品理解を深めることができ、すでに使ったことがある方に対してはリピート育成にも一役買ってくれます。

そのほか口コミの拡散が狙え、市場調査にも役立てられるのが魅力です。

サンプリングに適した商品とは?

サンプリングに向いている商品としては、化粧品や飲料・食品などの実際試してみて良さがわかる日常消耗品が挙げられます。

サンプリングの目的は、潜在顧客へ試供品を無料で提供することで企業・商品に対する興味を持ってもらい、購入を後押しすることです。
サンプリングは使ってもらわなければ意味がないため、日常的に使いやすい消耗品が適しているというわけです。

実際に潜在顧客に商品を体験してもらい、「もらってよかった」と感じてもらえれば、その後定期的に購入してもらえるチャンスを作ることができます。

サンプリングに適している5つの具体例

サンプリングに向いている商品は日常消耗品ですが、具体的にはどのような商品が成功しやすいのでしょうか?
ここからは、サンプリングに適している2つの商品を、実際の事例をまじえてご紹介します。

具体例① 化粧品

化粧品はサンプリングで最も使われている商材の一つであり、非常に成果に直結しやすいと言われております。
理由としては、化粧品は他の商材と比較しても性別や年代でターゲットが分かれている点や、消耗品の中では比較的高額であるためサンプリングで試してもらいやすいという点があります。
特に男性と女性、若年層と中年層と高年層向けなど、商品の利用者の幅が広いので配布がしやすいという点も理由としてあげられるでしょう。

具体的な事例としては、日帰り温泉施設に化粧水のサンプリングを配布した例です。
日帰りの温泉施設は荷物の準備などはせず気軽に訪れる客が多く、化粧水をもたずに訪れる女性客も多くいます。
そこで化粧水をサンプリングすることで、来場者に使ってもらいやすくなり効果を実感してもらえます。

その結果、サンプリングの商品の認知度拡大と売上増加につながりました。

具体例② 飲料・食料

サンプリングに適した商品としては、飲料や食品も非常に相性が良いです。
飲料や食品の味は、なかなかパッケージ上では伝わりにくいものです。そのため、サンプリングとして実際に口に入れてもらうことで味を知ってもらえる良さがあります。

具体的な事例としては、朝の通勤時間帯の新宿で、通勤中のサラリーマンに向けてエナジードリンクをサンプリングした例です。
サンプリングは断る人も一定数いますが、ターゲットをサラリーマンに絞ったことで受け取る確率も高かったそうです。

その結果、エナジードリンクの認知度拡大とともに、コンビニで商品を選ぶ人が増加しました。

食品サンプリングに関しては、メリット・デメリット・成功事例に関して詳しく紹介している記事があるので、ぜひ【食品サンプリング】とは?メリット・デメリットも紹介をご覧ください。

具体例③日用品

サンプリングに適している商品の代表例として、日用品が挙げられます。

日用品は日常的に使うものを指し、毎日もしくは頻繁に使うものです。そのため試供品で消費者に商品の好印象与えることが出来れば他の商品と比較して再購入の確率が高いところが特徴です。

日用品の具体的な例としては、入浴剤や固形石鹸、ボディクリームやベビーソープ、柔軟剤や洗剤などです。日用品に関してはママ層の購入が多い傾向にあるものの、基本的に男女問わず使用するカテゴリーなので、スーパーやドラックストアといった場所で配布するのが効果的なようです。

具体例④健康食品

健康食品やサプリメントも、サンプリングとの相性が良いといわれています。

最近ではあらゆる種類の健康食品が発売されており、試してみたいけど何がよいのか分からないと思っている消費者が多いです。

なぜなら、その健康食品にどのようなメリットがあり、体感してから継続したいと思う方が多いのです。

具体的な例としては、青汁や黒酢、雑穀米や十穀米、健康茶やダイエット食品などが挙げられます。基本的に健康食品は1回あたりの内容量が少ないのが特徴で、バックやポーチに入るコンパクトサイズです。

以上から荷物になりにくいため、受け取ってもらえる可能性が高く、特に健康意識が高いスポーツジムや美容関連のサロンで配るとより受け取ってもらいやすいでしょう。

具体例⑤クーポンや優待券

サンプリングは、クーポンや優待券とも相性が良いです。

イベントサンプリングやルートサンプリングを駆使した、来場型・来店型ビジネスと結び付ければ成果に直結しやすいといわれています。

人は期間限定や「今だけ」といった言葉に弱く、お得に使えるクーポンや優待券は使い切る傾向にあるため、その後の購入促進に大きく貢献してくれるのです。

具体的には化粧品体験イベントで実際に試して使ってもらい、商品をお得に買えるクーポンや優待券を配る方法や、美容グッズ体験会で美顔器等を試してもらい、次回サロンに来店した際にクーポンを使えば割引ができる、マッサージが受けられるといった方法が挙げられます。

サンプリングは消耗品や日用品だけだと思われがちですが、形のない商品でも今後の来店がうながせるものもあるので、利用してみるのも手です。

サンプリングのメリット

サンプリングのメリットは以下の要素が挙げられます。

  • チラシやフライヤーよりも受け取ってもらいやすい
  • 来場・来店・入会などを促しやすい
  • メーカー・ブランドの宣伝ができる
  • 実際に使うことで効果を実感してもらいやすい
  • 顧客の反応がわかる・市場調査ができる

サンプリングは実際に商品を使ってもらい、商品の良さやメリットを実感してもらえるのが最大の魅力です。

実際に使ってもらうことで、リピーターの育成や新規見込み顧客の獲得につながります。

サンプリングのやり方次第では、顧客の情報を入手できたり、商品の口コミ拡散も期待できたりするのもメリットと言えるでしょう。

サンプリングの詳しいメリットについては、下記の記事で解説しているので、ぜひ読んでみてくださいね。

サンプリングを実施するメリット6選を紹介

サンプリングのデメリット

サンプリングのデメリットは以下の3つです。

  • 綿密なターゲティングが必要になってくる
  • スタッフや場所の確保が必要になってくる
  • 配布するのにコストがかかる

サンプリングは無料で配るため、サンプルの生産コストがかかります。

そのほかサンプリングのやり方次第では、会場や場所の確保が必要になったり、路上を使う許可を取らなければならなかったりと手間がかかるのは言うまでもありません。

スタッフに配ってもらうとなると、スタッフの交通費や人件費も合わせてかかってきます。

いかにサンプリングを通して、商品に興味関心を持ってもらい、購入につなげるか、かかった費用の回収に努めるかがカギとなってくるのです。

サンプリングのデメリットについても、下記記事に詳しい解説をしているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

サンプリングのデメリットについて徹底解説

サンプリングに向いている商品は日常消耗品

いかがでしたでしょうか?
サンプリングに向いている商品としては、日常消耗品が最も多く特に化粧品や飲料・食品が有効だということがわかりました。
実際に試してみないと分からない商品ほどサンプリングの効果は高まるため、上手く使えば商品のファンが増え、認知度拡大や売り上げ増加につながります。

PeeKaBooでは幼稚園・保育園向けのサンプリングをご案内させていただいております。
幼稚園・保育園向けサンプリングをお考えでしたらコチラをご覧ください。

  • 最新情報(NEWS)
  • 幼稚園プロモーションコラム