サンプリングを実施するメリット6選を紹介

試供品などを配布することで、商品の魅力やコンセプトを知ってもらう「サンプリング」。

顧客側の「興味がある」「試してみたい」といった気持ちに応えることで、さまざまな効果が得られます。

 

サンプリングのメリット6選

サンプリングを行うことのメリットについてご紹介します。

 

チラシやフライヤーよりも受け取ってもらいやすい

チラシやフライヤーを単体で配布する場合に比べると、試供品を付けて配った方が顧客が受け取ってくれる確率が格段に上がります。

商品やショップなど宣伝の対象となるものは様々ですが、いずれにしてもまずは手に取ってもらわなければ意味がありません。

「まずは1人でも多くの人に知ってもらうこと」そのためには、サンプリングは非常に有効な手段と言えます。

またどのルートを使うかによって、エリアや属性などのセグメントが比較的可能になるので、最適なターゲットにサンプリングを実施し、費用対効果を高めることもできます。

直接手渡すことで試してもらいやすくなる

サンプリングではスタッフが顧客1人ひとりに直接手渡しでサンプルを配布します。

そうすることにより、顧客は無意識に自分に合った商品だと認識し「せっかくもらったんだから試してみよう」という気持ちが大きくなります。

そこから「買ってみよう」という購買意欲を後押しすることができるのです。

またキャンペーンを行っていればキャンペーンとの相乗効果も狙えます。

 

来店や入会を促しやすい

店頭でサンプリングを行う場合、サンプルをきっかけに来店する顧客の増加が見込める上、実際に店舗内を回ってみてその場で商品を購入してもらえる可能性も高くなるメリットがあります。

また、会員登録やアンケート後にサンプルを提供する形にすることで、新規会員や顧客情報の獲得にも繋がります。

例えば、アンケートを記入いただいた後にサンプルを渡す流れにすれば、商品に興味を持つ層にも継続してメルマガなどでアプローチも可能になります。

 

効果を実感してもらい販売促進に繋がる

新しい商品を購入する際は「一度使ってみたい」「実際の効果を知りたい」という人がほとんどです。

特に、化粧品などの場合は「肌に合わなかったらどうしよう」という悩みが多く聞かれます。

そんな要望に対して「まずは使ってみてください」とダイレクトに働きかけができるのがサンプリングのメリットです。

商品の効果を実際に体感した上で「使ってみたい」「続けたい」と思ってもらうことで、継続的な販売促進効果が得られます。

 

顧客からどんな反応が得られるのか調査できる

販売促進のためのサンプリングと思われがちですが、実はサンプルを受け取る顧客の反応を直接確認できることも大きなメリットの1つです。

消耗品であればその場で使用感や効果を尋ねることができますし、そうでない場合もサンプルの配布と引き換えにアンケート調査などを行うことで、商品の認知度や商品に興味を持つ顧客層などの分析が可能となります。

集めた情報はその商品だけでなく、メーカーとしての今後の商品開発などに役立てることができます。

 

メーカーの宣伝ができる

サンプルを配布することで、その商品の紹介だけでなくメーカー自体の宣伝効果も得られます。

サンプリングをしているスタッフは企業のロゴが書かれた上着や商品のコンセプトに合った衣装を身に付けていることが多く、サンプルを受け取る受け取らないに関わらず目立つ存在です。

そのように誰の目にも止まることで、多くの人にブランドイメージを与えるメリットがあります。

 

サンプリングのデメリットについて

サンプリングのデメリットについても併せて確認しておくことをおすすめします。

メリットとデメリットを両方把握したうえでサンプリングの活用をしていきましょう。

こちらの記事でデメリットについて解説していますので、是非確認してみて下さい。

サンプリングのデメリットを知りたい方はこちらをどうぞ

 

多くのメリットがあるサンプリングで顧客を増やそう

いかがでしたでしょうか。

この記事を読んでいただくことで、サンプリングを行うメリットについてご理解いただけたと思います。

顧客は実際にその効果を試すことができるため、サンプリングは購買意欲を向上させるのに非常に効果的と言えます。

宣伝だけでなく市場調査も同時に行うことができるため、新商品の発売や新規開店の際は積極的にサンプリングを実施してみましょう。

 

 

PeeKaBooでは幼稚園・保育園向けのサンプリングをご案内させていただいております。
幼稚園・保育園向けサンプリングをお考えでしたらコチラをご覧ください。

  • 最新情報(NEWS)
  • 幼稚園プロモーションコラム