マーケティングで使われるサンプリング

商品を開発しても「なかなか口コミが広がらない」「いい商品だからもっとたくさんの人に使ってほしい」と考えたことはありませんか?

商品の中でも特に化粧品や食べ物は、実際に使い勝手を試してみないと品質の良さが伝わりにくいです。

そこで本記事では、マーケティングで使われるサンプリングの特徴を大まかに紹介します。

サンプリングと聞くと、駅などで商品を配布することと考えるかもしれませんが、他にもあります。

商品を開発して、世の中に売り出す方法を考えている方は参考にしてみてください。

 

サンプリングとは

サンプリングとは、市場調査(マーケティング)の一種で、見込み顧客に試供品を配布し、口コミを拡散させて認知度を上昇させ、需要を喚起して顧客の購買意識を高める手法です。

サンプリングにおいて重要なことは適切にターゲット(年齢層)を定めることです。

極端な例でいうと、女性向けの商品を男性に提供しても得られる効果は少なく、意味のない宣伝費に繋がります。

また、サンプリングと聞くと、街角で配布することをイメージされますが、さまざまな配布方法があります。

例えば、学校で配布することや最近だとSNSでフォロワー数の多い方に宣伝してもらうこともサンプリングです。

 

サンプリングされる商品が変わってきている

インターネットが普及していなかった時は、新商品を開発しても宣伝する場所が限られていました。

そのため、実際に使ってもらうことで体感できる食べ物や化粧品などの日用品を配布して、リピート客を増やしていました。

現在は多機能・高付加価値の商品や新しい市場の商品がサンプリングされることが多いです。

これらの商品は比較的値段の高いものが多く、ただ宣伝するだけでは未知の商品を購入してもらえないためです。

未知の商品でも顧客が便利だと思えば購入し、それを口コミで拡散してもらえます。

なお、注意点として、サービス内容によってはサンプリングの効果がないこともあります。

購入してもらえないとコストが掛かるだけですので、サンプリングの効果があるかどうか見極めてから行うようにしましょう。

 

ルートサンプリングについて

サンプリングとは別にルートサンプリングについても確認しておくことをおすすめします。

サンプリングとの違いを把握して、より効果的にサンプリングを行えるようにしましょう。

こちらの記事でルートサンプリングについて紹介しているので、是非確認してみて下さい。

マーケティングで使われるルートサンプリングについて知りたい方はこちら

 

サンプリングを使って自信ある商品を広めよう!

いかがでしたでしょうか?

この記事を読んでいただくことでサンプリングの概要がご理解いただけたと思います。

時代の流れによって、サンプリングされる商品も変わりますので、効果があるかどうか見極めてからサンプリングを行ってください。

 

PeeKaBooでは幼稚園・保育園向けのサンプリングをご案内させていただいております。
幼稚園・保育園向けサンプリングをお考えでしたらコチラをご覧ください。

  • 最新情報(NEWS)
  • 幼稚園プロモーションコラム