サンプリングを行うための手法について解説

サンプリングとは、商品の知名度を上げたり、消費者の購買意欲を高めたりするために試供品などを配布することです。

サンプリングを行うための手法はいくつかあり、実際に行う際にはシーンや商品に合った方法を選ぶと、より良い効果が得られます。

今回は、それぞれのサンプリング手法を分かりやすくまとめました。

どのような手法があり、どんな時に使うのが効果的なのかを知っておきましょう。

 

各サンプリングの手法を紹介

それぞれのサンプリング方法は下記のようになります。

 

街頭サンプリング

サンプリングの中でも最もメジャーで、よく見かける手法の1つです。

駅前やショッピングモールなどターゲットとなる人が多く集まる場所で、1人ひとりに対して直接チラシや試供品などを配布します。

性別や年齢層、職業などによりターゲットを絞ってサンプリングすることでより効果的、効率的にターゲットにアナウンスできますが、その場合は綿密なプランニングとターゲットを見極められるスタッフの確保が必須となります。

 

WEBサンプリング

最近人気の高いインターネットを媒体としたサンプリング手法で、WEBサイトやSNSから申し込んだ顧客に試供品を配るシステムです。

販売者側からアクションを起こす他の手法とは異なり顧客側からの申し込みを受けた上でのサンプリングとなるため、自動的にターゲットを商品に興味を持つ顧客だけに絞ることができ、同時に販売促進効果も高くなります。

SNS上でフォローやリツイートを条件にサンプリングをする事業者も増えており、そうすることで自動的に情報を拡散してもらえるというのが最大のメリットです。

 

ルートサンプリング

ターゲットとなる人たちが集まるショップ等にターゲットを絞って商品配布等を行う方法です。

中高生がターゲットの場合は学校、赤ちゃん向けの商品であればベビー用品店、などサンプリングを行う場所は様々ですが、いずれも共通の目的があってその場へ足を運ぶ顧客が対象となるため、その分効果は高くなります。

どうしてもターゲットがランダムとなってしまう街頭サンプリングに比べ、より条件を絞り込んだサンプリングができます。

 

店頭購入型サンプリング

特定の店舗で実際に商品を購入してもらい、後日ポイントとして還元するという手法です。

ポイントサイトなどでよく使われている方法で、応募者の中から抽選で対象となる会員を選び、選ばれた会員は店頭で対象商品を購入、その後アンケート回答やレシートの提出など条件をクリアすることで購入代金の50%程度がポイントとして還元される、というのが一般的な流れです。

他のサンプリング手法と比べると、店頭などでの紹介や説明が不要となる上、顧客が実際に商品を購入して使用することが前提となっているため、リピーターの増加も見込めます。

 

郵送サンプリング

ダイレクトメールに商品を同封して郵送する手法です。

すでに同ブランドの商品を使用している顧客をターゲットとした方法で、新商品のお知らせなどでよく利用されています。

郵送費用が別に必要となりますが、対象者を絞っての配布ができるため無駄がなく、大きさや形状に関係なく配布できるのが利点です。

 

サンプリングの注意点について

サンプリングを行う手法と併せて注意点も把握しておくことをおすすめします。

注意点を抑えておくことで、円滑にサンプリングを行うことができます。

こちらの記事で注意点について紹介していますので、是非確認してみて下さい。

サンプリンの注意点について知りたい方はこちらへどうぞ

 

シーンにあった手法を使って効率的にサンプリングしよう

いかがでしたでしょうか。

この記事を読むことで、サンプリング手法の種類や効果についてご理解いただけたと思います。

手軽に消費者に商品の魅力をアピールすることができ、販売促進を行える効果的な手法と言えるでしょう。

街頭やWEBなど最適な手法を選んで、売上アップを目指しましょう。

 

PeeKaBooでは幼稚園・保育園向けのサンプリングをご案内させていただいております。
幼稚園・保育園向けサンプリングをお考えでしたらコチラをご覧ください。

  • 最新情報(NEWS)
  • 幼稚園プロモーションコラム