サンプリングのデメリットについて徹底解説

サンプリングとは、試供品を無料で配布して消費者に商品やサービスを使用してもらい、購入を促したり口コミ効果を狙ったりするマーケティング手法のことです。

実際に使用してもらうため売上に対する大きな効果が期待できますが、サンプリングには実行するにあたって無視できないデメリットもあります。

今回の記事では、サンプリングのデメリットを紹介します。

サンプリング手法をとる前によく確認しておきましょう。

 

サンプリングのデメリット

サンプリングのデメリットは下記のようになっています。

検討前によく確認しておきましょう。

 

配布にコストがかかる

サンプリングにおけるデメリットの1つは、大きなコストがかかることです。

具体的には、サンプリングで使用する試供品の製造コストや、配布するスタッフに支払う給与等の人件費などが挙げられます。

サンプリング配布は売上効果の期待できる有効なマーケティング手法です。

しかし無料で提供するためあまりコストをかけすぎると売上でそのコストを回収しきれず、結果的に損となってしまう危険性を伴います。

予算やサンプリング費用回収までの計画を細かく立てて進めるべきです。

 

綿密なターゲティングが必要

サンプリングを行うに際し、綿密なターゲティングは必要不可欠です。

サンプリングの配布目的は、商品やサービスの購入を促すこと・口コミ効果を狙うことです。

そのため無関係の層を対象にしては意味がありません。

効果を得るためには、ターゲット層を絞らなければなりません。

このように、ターゲティングはサンプリングを成功させるためには避けることができません。

市場調査をするのは時間も手間もかかるだけでなく、それにかかる人件費や外注費といった金銭的コストも発生します。

 

配布スタッフの確保が困難

サンプリングは人の手によって配布されることが多いですが、配布スタッフの人員数や質の確保が困難です。

内部のスタッフや社員を配布人員とするのは、コストや効率化の面からあまり得策とはいえません。

そのためサンプリング配布スタッフとして、事業者は短期バイト等を雇うことが多い傾向にあります。

しかし短期バイトは募集をかけても思うように人が集まらない場合や、期待するレベルに達していない可能性も考慮しなければなりません。

 

サンプリングが有効なケース

サンプリングは、きちんとマーケティングの戦略を決めることで効果が最大化されます。

具体的なケースについて紹介します。

ターゲットを絞りたい場合
ターゲットが定まっており、ピンポイントで狙いたいお客様層が決まっている場合有効です。

サンプリングと相性がいい商品の場合
化粧品や食品などの消耗品は、体験のハードルが低くサンプリングに適しています。

クーポンを配りたい場合
店舗への来店促進を狙いたいときは、クーポンを配り来店時につなげやすくなります。

事前の市場調査・ターゲティングなどを綿密に行える場合
サンプリングは、事前に市場調査やターゲティングを綿密に実施することが重要になります。調査の上で十分効果が得られそうな場合は効果が期待できます。

 

サンプリングのメリットについて

サンプリングのメリットについても併せて確認しておくことをおすすめします。

メリットとデメリットを両方把握したうえでサンプリングの活用をしていきましょう。

こちらの記事でメリットについて解説していますので、是非確認してみて下さい。

サンプリングのメリットを知りたい方はこちらをどうぞ

 

サンプリング配布の際にはデメリットの解消法を検討しましょう

サンプリングの配布は上手くいけば販売量の増加や知名度の向上に繋がりますが、進めるにあたって無視できないデメリットがいくつもあります。

これらの対策をせずにサンプリングを進めてしまうと、売上拡大どころか損失に繋がる可能性が高いです。

サンプリングを進めるのであれば、デメリットをどのように解消するかを検討する必要があります。

サンプリングの配布による効果を存分に出すためには、考えられるデメリットについて事前に対策をとりましょう。

 

PeeKaBooでは幼稚園・保育園向けのサンプリングをご案内させていただいております。
幼稚園・保育園向けサンプリングをお考えでしたらコチラをご覧ください。

  • 最新情報(NEWS)
  • 幼稚園プロモーションコラム