サンプリング費用対効果を左右する3種類の料金相場

潜在顧客に試供品を配って購買意欲を促す「サンプリング」は、企業のマーケティングの中で最も有望な手法の一つです。
サンプリングには主に、「ルート・サンプリング」、「イベント・サンプリング」、「街頭サンプリング」の3種類があります。
いずれも自社で実施するとコストがかかり過ぎてしまうため、専門業者に委託するのが一般的です。

 

サンプリングの料金相場

今回は、3種類のサンプリングを委託するときの大まかな料金相場をご紹介します。

 

①ルートサンプリングの料金相場:手渡しはレジ封入の約7倍

店舗や顧客リストなど特定の潜在顧客に直接アプローチする「ルート・サンプリング」では、手渡しサンプリングとレジ封入が一般的です。
前者の料金相場は1件あたり30~80円、後者は1件あたり5~10円が一般的です。

 

②イベントサンプリングの料金相場:規模や内容によって大きく異なる

イベント会場で試供品を配る「イベント・サンプリング」には、会場費(10万~100万円)に加えて、企画費(5万円以上)、制作費(20万円以上)、機材費(5万円以上)などが必要になります。
いずれもイベントの規模によって左右されます。
また、自社のブースを出展するのか、手渡し配布だけにするのか、イベントの企画から運営まで行うのかによって大きく異なります。

 

③街頭サンプリング:忘れてはならない「道路使用許可証取得申請代行費」

街頭で試供品を手渡す「街頭サンプリング」では、「道路使用許可証取得申請代行費」(1万円前後)のほかに,車両費(1t車までで1万5,000円程度),交通費(近距離の場合1人1,000円程度)が必要になります。

 

サンプリングの注意点について

サンプリングの料金相場と併せて注意点についても把握しておくことをおすすめします。

注意点について抑え、円滑にサンプリングを進められるようにしましょう。

こちらの記事で注意点について紹介していますので、是非確認してみて下さい。

サンプリングを行うための注意点について知りたい方はこちらへどうぞ

 

目的を明確にして幅広い料金相場からベストな選択肢を選ぼう

いかがでしたでしょうか。
一口に「サンプリングの料金相場」といっても、3種類の手法やそれぞれの細かな内容によって大きく異なることがお分かりいただけたと思います。
成功の秘訣は、具体的な目的を明確にして幅広い選択肢の中から具体的な手段や料金を選択することです。
その際、考えられる「費用対効果」を試算することが欠かせません。
たとえ多額のコストをかけたとしても、それに見合った効果が得られるのなら、料金の水準だけに目を奪われないようにすることをおすすめします。

 

PeeKaBooでは幼稚園・保育園向けのサンプリングをご案内させていただいております。
幼稚園・保育園向けサンプリングをお考えでしたらコチラをご覧ください。

  • 最新情報(NEWS)
  • 幼稚園プロモーションコラム