サンプリングの受取率を上げるための2つのコツと注意点

新商品のマーケティングとしてサンプリングをしたいけれど効果があるのか不安、という担当の方もいらっしゃるでしょう。

サンプリングの効果を出すためには場所とタイミングが重要です。
サンプリングの目的は、認知度向上からの売上アップです。
商品を配るだけで終わらせないためにも、重要な点について理解を深めてから実施するようにしましょう。

また、本記事ではサンプリングを展開するうえで注意すべき点についても併せて紹介します。
サンプリングを展開予定の方はぜひ参考にしてください。

資料ダウンロード お問い合わせ

サンプリングは「場所」と「タイミング」が重要

サンプリングを展開するのであれば、サンプリングする場所と、行うタイミングが重要になります。

たとえば、20代の女性ビジネスパーソンを対象にしたサンプリングを展開するとします。
ターゲットとする層がよく集まる場所はどこで、時間帯はいつになるでしょうか。
場所として考えられるのが主要な駅前や繁華街、オフィス街などでしょう。
時間帯としては朝、昼休み時間、夕方の帰宅時間となるはずです。

しかし、そのターゲット層が集まる場所であり、且つ時間帯でもある朝の通勤ラッシュ時駅前でサンプリングを展開するのが効果的でしょうか。
おそらく人々に時間の余裕はなく、混雑も予想されるため受取率を上げることは難しいといえるでしょう。
そのため、ターゲットに比較的時間余裕がある帰宅時間が最も効果的だと考えられます。

同様に、大学生がターゲットならばキャンパス付近、主婦層がターゲットならば住宅街やスーパーの近くなど、ターゲットに応じて適切なサンプリングの場所は異なります。
タイミングに関しては、前述した通り、人が多く、かつ時間に余裕がありそうな時間帯を狙っていくべきです。

効果的なサンプルの配布の仕方。おすすめの手法やターゲットを紹介

資料ダウンロード お問い合わせ

【注意】サンプリングや街頭配布の実施は申請が必要!

場所とタイミングが決まれば、早速サンプリングを開始、といきたいところですが、もうひとつ注意点があります。
実は、サンプリングを展開するためには事前に申請が必要となるのです。

意外にご存知ない方もいるようですが、もし無許可でサンプリング活動した場合、罰金や懲役を科される可能性があるため、必ず申請を忘れずに行いましょう。
具体的には、警察署や施設の管理会社へ事前に申請を出します。

よく街中で行われているサンプリング活動がありますが、道路や街頭で配布する際は、その場所を管轄している警察署に「道路使用許可」を届け出なければいけません。
施設内などのスペースで行いたい場合は、その施設を管理している企業や団体に許可を取る必要があります。

以上のように、効果的なサンプリングをするためには正式なルールに則って行うことが前提となりますので注意しましょう。

また、申請に際して申請手数料がかかることもあります。
時期によっては、他のイベントなどと被ってしまうことも考えられますので、申請は余裕を持って早めに提出しておくことをおすすめします。

チラシ配布前に押さえておきたい許可の取り方と注意点

サンプリングに適した商品とは

サンプリングは、商品の認知度を向上させるためや、購入を促進させるために効果的な手法です。
サンプリングに適した商品を配布することで、より受取率を上げることが期待できます。
気になる方はぜひご覧ください。

サンプリングに向いている商品とは? 具体的に配る商品事例

受取率を高めるサンプリング方法

サンプリングを展開するには、「場所」と「タイミング」が重要となり、それらを間違えるとコストの無駄となることがわかりました。
サンプリングは商品の認知度を高められる手法ですが、申請が必要になるなどの注意点もありますので、事前に準備をしっかりして行なうようにしましょう。

他にも幼稚園・保育園イベント幼稚園・保育園モニタリングを行っているのでぜひご覧ください。

  • 最新情報(NEWS)
  • 幼稚園プロモーションコラム