反響を大きくするため意識したいチラシ配布のコツ

チラシ配布には、ある程度の費用がかかります。1万枚配布時の目安は、7万~19万程度といわれています。コストパフォーマンスを高めるため、反響を大きくする方法を模索している方が多いのではないでしょうか。結論から述べると、チラシ配布の反響は、配布方法により異なります。同じチラシでも、反響が大きいケースと小さいケースがあるのです。

 

このページでは、チラシ配布の反響を大きくするコツを紹介しています。以下の情報を参考にすれば、どのようにチラシを配布すればコストパフォーマンスを高められるかがわかるはずです。誰でも取り組める内容なので、実際にチラシを配布する前に確認しておきましょう。

資料ダウンロード お問い合わせ

 

チラシ配布のコツをご紹介

チラシを配布するときに意識したいポイントは以下の通りです。

 

ターゲットを絞り込む

最も重要なポイントは、チラシを配布するターゲットを絞り込むことです。基本的には、商品やサービスのターゲットと同じと考えてよいでしょう。ターゲットを絞り込むことで、チラシの無駄がなくなります。また、この後に続く配布エリアなども考えやすくなります。

 

配布エリアを絞り込む

次に、チラシの配布エリアも絞り込みます。ポスティングの場合は、商圏よりも狭いエリアを設定します。店舗からの距離が近いと、チラシを何度か配布することで、リピーターになってくれる可能性が高いからです。サンプリング(ビラ配り)の場合は、ターゲットの行動を想定して商圏内で配布エリアを設定します。

 

配布時間を決める

ターゲットと配布エリアが決まったら、配布時間を決めます。ポスティングは、早朝または夕方がおすすめです。新聞や郵便物と一緒に入れておくことで、目に留まる確率が高くなります。サンプリングは、ターゲットの行動に合わせて配布時間を設定します。例えば、ターゲットが主婦であれば午前中のスーパー、ターゲットがビジネスマンであれば早朝と夕方の駅前などが考えられるでしょう。

 

サンプリングは配布場所も考える

サンプリングは、配布エリアだけでなく配布場所も重要な意味を持ちます。配布場所の設定を間違うと、チラシを受け取ってもらえない可能性が高くなるからです。例えば、駅前では、駅へ向かう人よりも駅から出てくる人にチラシを渡せる場所を選びます。駅へ向かう人は急いでいるケースが多いからです。事前の準備で、具体的な配布場所まで決定しておきましょう。

マーケティングで使われるサンプリングとは

 

サンプリングは渡し方も考える

サンプリングでは、チラシの渡し方も考えなければなりません。渡し方が悪いと、受け取ってくれない人が多くなるからです。基本的には、相手の正面または右側にチラシを差し出します。利き腕で受け取りやすいからです。また、チラシは事前に折りたたんでおくことをおすすめします。サイズが大きいとかさばるため、受け取ってくれない人が多くなるからです。チラシは、相手が受け取りやすい状態で渡しましょう。

資料ダウンロード お問い合わせ

チラシの効果は具体的にどんな感じなのか

今回の記事ではチラシ配布のコツについてご紹介しました。信頼できる販促・集客方法であるチラシ配布に期待できる5つの効果こちらの記事では、そんなチラシ配布で得られる効果について紹介しておりますので、是非合わせてお読みください。

 

コツを押さえてチラシ配布の反響を大きくしましょう

このページでは、チラシ配布のコツを紹介しました。設定したターゲットに基づき、配布エリア、配布時間などを決めると反響は大きくなりやすいといえます。サンプリングの場合は、チラシを配布する場所やチラシの渡し方も重要です。以上を参考に、チラシ配布の準備を進めてみてはいかがでしょうか。

他にも幼稚園・保育園イベント幼稚園・保育園モニタリングを行っているのでぜひご覧ください。

  • 最新情報(NEWS)
  • 幼稚園プロモーションコラム