イベントの集客を成功に導く方法と5つのコツとは?

 

「イベントを開催したいけれど人が集まるか不安」「以前に開催したイベントでは集客に困った」
など、集客にお困りの方は多いようです。
集客がうまくいかなければ、イベントは失敗であったと断言できるほど大切であり難しいものですが、集客を成功に導くコツというものは存在します。

今回の記事では、集客を成功させる方法とコツについて解説します。
イベントを成功に導きたいと考えている方はぜひ最後までお読みください。

イベントに集客する方法

まずは、集客するための方法について解説しましょう。
大きくは、オンラインの方法とオフラインの方法に分けられます。
オンラインの方法とは、SNS、Webサイト、メルマガなどを使った告知です。

それぞれに特徴があり、SNSを駆使すれば高い拡散性が見込めることがポイントです。
うまくいけば、自社がこれまでターゲットとしていなかったような層にまで情報が届くことがあるでしょう。

逆にWebサイトは「自社の名前や商品で検索した」人が情報を取りに来るためのものであるため、ある程度見込み顧客としても確度が高いといえるでしょう。
顧客の立場からすると、自社ホームページの情報が最も信頼でき、かつ最も早く掲載されると考えられます。
そのため、どのようなイベントを、いつ、どこで開催するのかを明記しておくことと、頻度高く情報を更新することが大切です。
同様にメルマガもすでに自社に興味のある人が登録している可能性が高いため、必ず案内メールは複数回送るようにしましょう。

一方、オフラインの方法としてDM、テレアポ、チラシやポスティングなどがあげられます。
オンラインの方法と比べると、人件費などのコストもかかり、非効率なやり方にも感じられます。

しかし、メルマガとDMを比較すれば、膨大に届く中で埋もれる可能性のあるメールよりも物理的に相手のもとへ届くDMの方が目に止まる可能性が高いともいえます。
また、テレアポやチラシ配りも、対面や直接のコミュニケーションとなるため、イベントへの動員に向けた熱意が伝わりやすいでしょう。

それぞれの方法に強み、弱みがあるため、ターゲットや状況に応じて、それぞれを使い分け、あるいはミックスさせて集客していきましょう。

イベント集客を成功させる5つのコツ

集客力の高いイベント開催のためのコツを5つの観点から紹介します。

参加ハードルを下げること

たとえば、参加申込がオンラインから可能だった場合、ワンクリックで申込が可能なものと、申込に2ページ、3ページに亘って情報の入力が必要だとしたら、どちらが参加ハードルが低いでしょうか?
答えは言うまでもなく前者です。

申し込みに際して、できるだけ心理的ハードルを下げてあげることを意識しましょう。

わかりやすさを重視すること

開催するイベントがどういったものなのか、何をいつ、どこで行うのかを明記し、一目見たときに簡単に伝わるようにしておきましょう。

オリジナリティを出すこと

イベントに参加しないと得られない体験を用意するなど、オリジナリティやレア感を出せるのであれば用意しておきましょう。
思わず行きたくなるような仕掛けがあればあるほど、集客に直結します。

ターゲットに合わせた集客方法を選ぶこと

前述した通り、集客の方法はいくつかあります。
しかし、イベントに集客したいターゲットに応じて、方法を使い分けることが、集客効果を最大化させるために必要になります。
たとえば高齢者メインのイベントならば、効果的なのはSNSよりも、インターネットを使わないポスティングやテレアポでしょう。

開催したイベントを振り返ること

唯一、イベント終了後に行うものですが、次回以降のイベント開催に向けて、決して疎かにしてはいけないところです。
良かったところ、悪かったところを振り返りし、次回のイベント開催までに改善点を洗い出せる体制を整えておきましょう。

イベント準備に必要なものとは

イベントは、しっかり準備していても当日になるとてんやわんやしがちです。
事前に必要なものを、シーン別に把握しておくことで、落ち着いてイベントを遂行することができるでしょう。
イベント開催を検討されている方は、ぜひこちらの記事をご参照ください。

イベント準備に必要なものは?チェックリストをご紹介

コツを押さえれば集客は成功できる

集客の成功がイコール、イベントの成功といっても過言ではありません。それほどに集客は大切です。
集客効果を高めるための明確な方法と、押さえるべきコツがあることがわかりました。ぜひ、本記事の内容を次回のイベント集客に活かしてください。

株式会社エンジンでは、全国の保育園や幼稚園にてイベントを開催し、商品のプロモーションや体験ができる機会を提供しております。
ほぼ確実にターゲットへリーチできる機会を提供できます
ので、ご興味がありましたらぜひ一度お問い合わせください。

  • 最新情報(NEWS)
  • 幼稚園プロモーションコラム