企業が開催する主なイベントとは?3種類のイベントの特徴

企業が行うイベントには種類があり、セミナーのような社外向けイベントから実際に人と触れ合う屋外イベントなどがあります。
もし自分がイベント企画の担当を任された場合、それぞれのイベントの種類と特徴を知っていなければ企画を立てるのは非常に難しいです。

そこで今回は、広報・PRの担当者様向けに企業が行う主な3種類のイベントについて紹介するとともにそれぞれの特徴を詳しく解説していきます。

 

企業が開催する主なイベントの種類

企業が行うイベントの種類は、その企業の業種によっても変わってきます。
例えば、音楽業界であればコンサートなどの屋外イベントを開催したり、旅行会社であれば物産展など業種に特化したイベントを開催する場合があります。

ここでは、一般的な企業がよく行う主なイベント3種類に注目して、どのような内容のイベントなのかを解説します。

 

種類① 商品のPRイベント

商品のPRイベントとは、企業が推す商品をユーザー向けに宣伝・PRを行うイベントです。
メディア向けに発表するプレスリリースと異なり、実際にユーザーにさまざまな種類の商品やサービスを使ってもらうことでより印象づけることを目的としています。

また、実際のユーザーの反応を直接見ることが出来るため、ユーザーの興味などをリサーチする場としても大きく役立ちます。

商品のPRイベントはさらに2種類に分けられ、自由にユーザーが参加できるタイプと取引実績のある企業などを事前に招待して行うプライベートショーに分かれます。

自由参加型は集客が難しく動員数も読みづらいため、人の集まりやすい場所で屋外イベントを行うか、いくつかの企業がPR目的で出展する展示会に参加するケースが多いです。
プライベートショーでは、貸し会議室や社内のホールなどを利用してクローズドな空間で行われることがほとんどです。

企業がイベント開催をする目的とは?企画立案のポイント教えますでは、商品のPRイベントに役立つ企画立案のポイントを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

種類② セミナー・講演会

セミナーや講演会は、企業が開催する最もポピュラーなイベントの1つです。

セミナーは設定したテーマに興味のある参加者を10~30人ほど集めて、講師やノウハウを持つ担当者が解説を行う仕組みとなります。
一方講演会は、セミナーよりも大規模となり、100名ほどの参加者に対して一方的に講師が解説を行う形式となります。

一般的には貸し会議室やホールなどを利用して行うことが多いですが、現在では感染拡大防止のため、Web会議を利用したウェビナーが主流となってきています。

 

種類③ 周年記念パーティ

企業の創立20周年や50周年などの記念日を迎える場合、社員全体でお祝いをするパーティイベントを開催することもあるでしょう。

周年記念のイベントやパーティの会場は、基本的に社員全員が入れるほどの会場を借りる必要があります。
また、基本的に立食形式の食事スペースを用意することがほとんどのため、人数にあった広さの会場を用意するようにしましょう。

 

企業が行うイベントは主に3種類

いかがでしたでしょうか?

一般企業が行う主なイベントは3種類あり、商品のPRイベント・セミナー・周年イベントに分けられます。
目的やイベントの種類によって開催する会場や規模が全く異なってくるため、どの種類のイベントを開催するかを決めたうえで詳細を決めていくとよいでしょう。

PeeKaBooでは、幼稚園・保育園向けに、イベント企画のサポートを行っています。
イベントの企画や会場を借りる手続きの方法などでお悩みがある場合は、ぜひご相談ください。
詳しくは、幼稚園・保育園向けイベントをお考えでしたらコチラをご覧ください。

  • 最新情報(NEWS)
  • 幼稚園プロモーションコラム