ルートサンプリングのデメリット

ルートサンプリングは書店などの店舗や病院やネイルサロンなどの施設(特定の場所)を利用し、ある程度の利用者を把握した上で狙った人に商品を試してもらえます。

商品を使っていただくので売上に対する大きな効果が期待できますが、この手法を実行するにあたって意識しておきたいデメリットもあります。

 

ルートサンプリングのデメリット

ルートサンプリングのデメリットを紹介します。

ルートサンプリングを行って売上を伸ばしたいと考えている方は実行する前にデメリットをよく確認しておきましょう。

 

①ターゲットとした場所の承諾が降りなければ実施できない

ルートサンプリングを行う場合、学校や施設などを訪問してその中でサンプル品を提供しています。

サンプル品を渡したいと考えた場所に許可なしで入ることはできませんので、責任者の承諾が必要になります。

他に宣伝したいものがあったり、場所を提供するメリットがなかったりすると承諾が降りずに自社の商品を配ることはできません。

自分たちだけのメリットに泳がされず、Win-Winの関係を築けるように工夫することも必要になります。

 

②コストがかかる

サンプル品の効果を観測するためには多くの人に使用して貰う必要があり、その分製造コストがかかるというデメリットがあります。

コストとして該当するのは、お客様へ配布するための商品を製造する費用や手渡しで配布する場合には人件費がかかります。

配布して使用してもらえたからといって、次に商品を購入してもらえる保証はなく、売上が伸びない可能性もありますので、短期間では効果が現れにくいことも注意が必要です。

 

③ターゲットの選定に失敗すると成果が望めない

ルートサンプリングに限らず、通常のサンプリングでも同じことが言えますが、ターゲットの選定が重要です。

サンプル品を配布する目的は、その商品やサービスの購入促進や口コミでの広まりです。

そのため、ターゲットの選定で失敗すると上記の2つの効果が得られずコストばかりがかかり、売上を伸ばすことと逆効果です。

ターゲットの選定が終われば配布するのみなので、ルートサンプリングで成果を出すためにはターゲットの選定が重要となります。

 

ルートサンプリングのメリットについて

ルートサンプリングのメリットについても併せて確認しておくことをおすすめします。

メリットとデメリットを両方把握したうえでルートサンプリングの活用をしていきましょう。

こちらの記事でメリットについて解説していますので、是非確認してみて下さい。

ルートサンプリングのメリットを知りたい方はこちらをどうぞ

 

ターゲットをしっかり選定して、商品の売上を伸ばそう

いかがでしたでしょうか。

本記事を読んでいただくことで、ルートサンプリングを実施する上でのデメリットについてご理解いただけたと思います。

ルートサンプリングは、デメリットを解消して行わないと売上を伸ばすどころか損失を招いてしまいます。

自社の商品の売上を伸ばすために、できる限りデメリットをつぶして行うようにしましょう。

 

PeeKaBooでは幼稚園・保育園向けのサンプリングをご案内させていただいております。
幼稚園・保育園向けサンプリングをお考えでしたらコチラをご覧ください。

  • 最新情報(NEWS)
  • 幼稚園プロモーションコラム