【化粧品の使用期限は?】化粧品・サンプル品の使用期限や保管方法について

開封してからだいぶ時間がたってしまった化粧品…このまま使っても大丈夫なものかと気になったこと、きっと誰でも経験があるかと思います。
意外と知られていませんが、化粧品にも使用期限があります。
しかし、化粧品はパッケージや容器に使用期限の記載がないことが多いもの。
化粧品を効果的に使うためにも大切な、化粧品や試供品の使用期限、保管方法などのポイントについて、詳しく解説していきます。

資料ダウンロード お問い合わせ

化粧品の使用期限とは

ふだん使っているけれどなかなか消費しない化粧品や、昨シーズンに開封した日焼け止め…このまま使い続けても支障はないものかと、気になってしまいますよね。
化粧品の有効期限などが気になるものの、ほとんどの化粧品は、パッケージや容器に使用期限・有効期限についての記載がありません。

実は食品と同じように、化粧品にも使用期限が決められています。
適切な環境で保管されていたものでも、未開封のままの状態で3年以内に製品の品質が変わるおそれがあるものは、薬機法(医薬品医療機器等法)により、使用期限の表示義務が定められています。

つまり、パッケージなどに特に使用期限の記載がないものは、未開封の状態で「3年以内」が目安となります。ほとんどの化粧品が、3年以上品質が保たれるようにつくられているということになります。

資料ダウンロード お問い合わせ

化粧品を保管するときの3つのポイント

1つ目のポイントは使用期限について。化粧品の使用期限は通常3年ですが、これには「適切な保管状況のもと」という条件がついています。保管状況が悪い場合、3年以内であっても品質が悪くなる可能性もあるので注意が必要です。

2つ目のポイントは保管方法です。化粧品の保管は、高温多湿・湿度変化が激しい場所や、直射日光のあたる場所を避けて、常温で保管することが大切です。
バスルームや暖房器具の近く、直射日光の当たる場所など、気温の変化が激しい場所や、湿度の高い場所などは要注意。未開封のものでも、品質が劣ってしまう場合があります。

3つ目として、開封済みのものは、キャップやふたをしっかり閉めて、空気にできるだけ触れないように保管しましょう。キャップ部分や容器の口に中身がついた状態で放っておくと、雑菌が増えるおそれもあります。こまめに拭き取り、清潔な状態で保管することが大切です。

試供品の使用期限は?

試供品(サンプル品)の使用期限も、基本的には正規品と同じです。
しかし、試供品のパッケージは簡易的なものの場合も多いので、できれば1年以内を目安に使用すると安心です。
パウチ型のものは、雑菌が繁殖するおそれもあるため、開封したらすぐに使い切るようにします。

化粧品を良い状態で使い切るコツは?

目安の使用期限は3年ですが、これは未開封の状態のものの使用期限です。
一度開封したものは、空気が入り酸化が進んでしまいます。保管環境や季節、化粧品の性質にもよりますが、スキンケアアイテムは半年メイクアイテムは3ヶ月〜1年を目安に使い切るようにしましょう。

パウダーファンデーションやアイシャドウなどの粉状のものは、開封後約1年ほど、マスカラやリップグロスなどは約3ヶ月が目安です。
スキンケアアイテムや化粧下地、リキッドファンデーション、日焼け止めなどは、約半年となります。
化粧品の油分の割合や、直接肌に触れて塗るものかどうかによって、目安が分かれます。

また、詰め替えタイプのものは、詰め替え時に化粧品がどうしても空気に触れてしまいます。容器は清潔なものに入れ替えること、早めに使い切ることを心掛けてください。

開封した日を容器に記入しておくと、ついつい使用期限をすぎて使い続けてしまうことを防ぐことができます。
肌に直接使うものなので、肌トラブルを防ぐためにも、化粧品が劣化する前に使い切ることを意識しましょう。

こんな状態の化粧品には注意!

化粧品は使い続けていると、どうしても空気と触れて酸化したり、劣化が進んだりします。
特に、直接手ですくうジャータイプのクリームなどは、雑菌も繁殖しやすいため注意が必要です。できればスパチュラのようなものを使って、ジャーの中身を直接手で触れないようにしましょう。
口紅やグロスなども、唇に直接触れるため、特に気を付けて使いたいものです。
化粧品が変色していたり、ニオイに異常を感じたら、かなり品質が劣化している可能性もあり危険です。
また、サラサラしていたものが妙にべたつくなど、質感にも変化を感じたら、化粧品の成分が変質してしまっている可能性があります。

色やニオイ、質感(テクスチャ―)に違和感を覚えたら、使用を中止しましょう。
せっかくのお手入れやメイクなどで、肌にダメージや負担をかけてしまっては残念。
劣化が進んだり、有用成分が発揮されなくなってしまう前に、やはり開封後は早めに使い切り、いつ開封したか覚えていないようなものは思い切って処分しましょう。

化粧品の表示義務

この記事では化粧品の使用期限について紹介しましたが、化粧品には安全のために表示義務があります。
こちらでは化粧品の表示義務について紹介しています。
化粧品をサンプリングしようと考えている方はぜひご覧ください。

パッケージに「試供品」の表示は必要?試供品の表示義務項目について解説

化粧品を効果的に使うために

意外と知らない方も多い、化粧品の使用期限や注意するポイントについて紹介しました。
未開封のもので適切に保管されているものなら3年、一度開封したものは約3ヶ月~1年が、使用期限の目安です。
サンプル品については、できるだけ1年以内に使うようにし、開封後はすぐに使い切るようにしましょう。
肌のコンディションを整えたり楽しんだりするための化粧品。劣化したものを使って肌に余計な負担をかけないためにも、化粧品は適切な場所に保管して、使用期限内に使うことを心掛けてみてください。

他にも幼稚園・保育園イベント幼稚園・保育園モニタリングを行っているのでぜひご覧ください。

  • 最新情報(NEWS)
  • 幼稚園プロモーションコラム